転職には踏み出す一歩が大切[28歳 男性]

[28歳 男性]
アパレル
アパレル
リクルートエージェント

 

 

 

 大学を卒業して新卒としてアパレル業界に就職して早6年、販売員を経て本社に勤務するようになり、順風満帆と思いきや、そうではありませんでした。

 

 やはり、販売員ですとサブ→店長→エリア→マネージャーと位の変化が目にみてわかるので、それなりに給料という面でも差がでてきます。しかし、本社での業務は専門職に近いため、まったく先のことが見えず、結果を出しても全く給料に反映されないという現状でした。

 

 管理職になるのを待てばよかったのですが、結婚も考えたい年齢でしたし、このまま先の見えない会社に貢献してもという考えにまとまり転職を考えました。

 

 

 

 転職活動をする際にやはり、この業種は特殊でもありますので、アパレルからアパレルへの転職を探していくのか、それとも販売職という経歴をいかして、営業や飲食業など人と接する仕事に就くのかで悩みどころでした。

 

 自分に合った業種を選ぶためにもまずは自己分析から始めました。やはり一社しか経験しておりませんし、ほとんどの業務はまかされている立場からまた1から他企業へ移るということもあるので不安感も消せません。

 

 そのためにもやはり自分はなにができてなにができないのかをしっかり見極め分析することを一番に考えました。

 

 

 

 新卒のときみたいに企業さんが待ってはくれないということです。

 

 やはり新卒での就職活動は、卒業して1から頑張っていきましょう精神ですが、転職は、あくまですぐ即戦力になるかを求められますし、なおかつ決まり次第すぐにでもきてくださいという募集要項ですし、そういった面でも現職中の仕事と次の仕事への切り替えの面で難しさは感じました。

 

 

 

 求人サイトを利用しないとコネなどで仕事を探していくのは無理に近いと思います。

 

 非公開求人も多いですし、それをお聞きするためにも求人サイト登録は不可欠ですし、なによりもアドバイザーがわからないことを親身に聞いてくださるので心の支えという面でも助けられたことが多かったです。

 

 

 

 転職活動を行うにあたってやはり、自分のタイミングもあるのでそのタイミングの時に合致した求人に巡り合えるかどうかだと思います。

 

 迷っているのならばやってから後悔した方がいいと思いますし、なにもしないで後悔することほど人生の損はないと思います。待っていても求人はすぐに埋まってしまいますし、これだと思いきったときは勇気を出して転職するのが一番だと考えます。

 

 転職したあとにどうなるか自分次第でどうにでも変えていくことはできますし、転職に悩んでいるのであれば、まずは行動するべきだと思います。

 


トップページ 転職5つのSTEP おすすめ転職サイト