電話の苦手意識をなくすために

なぜ電話が必要なのかを理解する

 

 「電話嫌い」と感じる人は昔から少なくありませんが、最近の若者の間での電話への苦手意識は非常に深刻になりつつあります。その主な原因には、やはりインターネットやスマートフォンがものすごいスピードで浸透してメールやチャットアプリでのやり取りがコミュニケーション手段として主流になりつつあることが挙げられます。

 

 相手の顔を見ず、声も聞かなくて済むというアプローチには心もとなさを感じる一方で心地よさも発見できるからです。とはいえ、仕事の業務のために電話をするというのに、「電話嫌いだから」という理由で断ることはできません。個人的な電話ならともかく、これは仕事のための電話なのです。

 

 上司からの指示で電話をする場合、「電話が苦手だ」といったところで認めてもらうことはないでしょう。「仕事のできない我がままな人材だ」と評価を下げるだけです。

 

 業務として電話をするのならそれを理解し、電話スキルを上げられるよう努力すべきです。また、目的は電話そのものではなく、あくまで通話を通して商談を進めたり問題を解決したりすることにあると理解しましょう。

 

電話嫌いを克服するコツ

 

 電話に対する苦手意識を克服するための第一のコツは、相手の顔や表情の変化を意識しながら話すことです。実際に相手が目の前にいるようなイメージを保ちながら通話してみましょう。

 

 電話の恐怖感は目の前に相手がいないことから生じることがほとんどですが、イメージングできれば大丈夫です。次に、相手に伝えるべき要点を書いたメモ帳を手元に用意し、それを見ながら話すようにしましょう。

 

 これなら、「緊張していたために話すべき内容の半分も伝えられなかった」というミスを避けることが可能だからです。また、相手の話している内容も丁寧にそしてスピーディにメモするようにしましょう。手を動かしながら電話することにより、電話に対する緊張感を解消することもできます。

 

 

【関連記事】
転職は計画を立ててから
自己分析の質が成否を分ける
自分の市場価値を知る
転職活動は退職後よりも在職中に行った方がいい理由とは?


トップページ 転職5つのSTEP おすすめ転職サイト