転職活動は退職後よりも在職中に行った方がいい理由とは?

転職は甘くはないからこそ

 

 実際に困難や壁を経験しないと、なかなか大変さというのはわからないもの。転職もそうした性質を持っているものかもしれません。だからこそ、転職活動は、必ず在職中に行うことを提案します。

 

 転職というのは、多くの人が思っているほど甘いものではありません。あなたが転職を検討している中、さらに能力や実績を備えている人が転職を検討し、実行していると思っておきましょう。

 

 不採用なんて当たり前。転職希望者の多くが、10社以上に応募し、そのほとんどに落ちているという現実があるのです。にもかかわらず、失業し無職になってからその困難や壁を乗り越えようなんて無謀過ぎます。よく考えれば、在職中に転職活動をするのがベストな選択であることがわかるのです。

 

移り変わりがスムーズです

 

 退職をすると、これまでの生活とは一変します。転職後、再び働き出すことになれば、また生活が一変します。しかし、在職中に転職活動を行い転職先を決めてしまえば、そうした生活を変える必要がないのです。全く変わらないというのは難しいかもしれませんが、少なくとも、仕事を失い、再び仕事をする時と比べたら、あらゆる面で負担が少ないでしょう。

 

 生活の変化という点もそうですし、書類上の手続きなどに関しても、在職中に転職先を決めてしまった方がスムーズに進めることができます。これは意外と大きなメリット。時間も労力も無駄にせずに転職したいと考えているなら、やっぱり在職中に動きだし、転職先を決めてしまう以外ないのかもしれません。

 

在職中の転職活動で気をつけるべきこと

 

 在職中に転職活動を行うのがベストであることは間違いないのですが、少し気を付けておきたいこともあります。転職は内緒で進めるようにしましょう。

 

 転職予定先に知られることは特に問題ありません。むしろ堂々と「在職中である」ということを主張した方が、採用には有利であるという話もあるため、ここは隠す必要はないでしょう。隠したい相手は、今働いている職場の人たち。

 

 転職活動を進めていることがわかった時点で面倒な引き止めがあるかもしれませんし、イジメや嫌がらせが発生する可能性も否定はできません。そうではなくても、社内の士気が下がる懸念も出てくるでしょう。いろいろと面倒だったり雰囲気が悪くなることもあるので、できればギリギリまでオープンにしないことをお勧めします。

 

 

【関連記事】
転職は計画を立ててから
自己分析の質が成否を分ける
自分の市場価値を知る
電話の苦手意識をなくすために


トップページ 転職5つのSTEP おすすめ転職サイト