転職先に入社した後で注意したいこととは

まず転職先のルールやシステムに慣れる

 

 転職して新しい会社に入社する際に、注意すべきことがあります。それは、どんな年齢で、どんなポジションで採用されたとしても、新入社員であるという自覚を持つことが不可欠だということです。

 

 特に大手企業から中小企業あるいはベンチャー企業に転職した場合、会社のルールやシステムに改善の余地があると考える転職者が多いのですが、そうしたアイデアや業務改善を喜ぶのは、経営者だけです。

 

 あなたより先に入社していた社員は、必ずしもあなたの入社を歓迎していない可能性が高いのです。まず、社内で自分のポジションを確立するためにも、郷に入っては郷に従えの言葉通り、現行の会社のルールやシステムをきちんと理解し、一人でもきちんとできるようになることが先決です。

 

職場で良好な人間関係を築くために

 

 職場で成果を上げるためには、周囲のサポートが不可欠です。良好な人間関係を築き、社内で確固たるポジションをつくるためにも、入社後3ヵ月は観察者でいることを心がけてください。

 

 転職した当初は緊張していますし、話しかけてくれたひとを頼りにしたくなる気持ちはわかります。ですが、自分の意志とは関係のないところで、派閥争いに巻き込まれるケースも多いので、慎重に対処する必要があります。

 

 また、中途採用の場合は、採用にあたって会社から与えられるミッションが明確なはずです。仕事で成果を上げることで、周囲のあなたに対する見方も変わります。

 

 まずは、きちんと仕事で成果を出すよう最大限の努力を行うとともに、きちんと社内を観察し、誰が信頼して仕事で協力してもらえるのかを見極めることで、社内でのポジションも確立しやすくなるはずです。

 

 

【関連記事】
勤務先は円満退職しよう
退社の手続きも準備が必要
途中入社の注意点について
有給休暇を消化してからの退職?もちろんアリでしょう!


トップページ 転職5つのSTEP おすすめ転職サイト