転職5つのSTEP

「転職ってなんだろう?」、そんな風に考えたことはありますか?これって考えてみると、意外と深いんです。だからこそ、それを考えずに、あるいは知らずに活動を始めてしまうと悪い流れへと引きずり込まれていってしまうのです。良い流れ、適切な流れを知っておきましょう。

 

 

1.転職の計画を立てる

 まず転職でしなければならないことは、「自分は何者であるか」を考えること。性格についてはもちろんですし、キャリアについてももちろん考えなければなりません。実績、会社や社会への貢献度、そして転職市場でどんな立場にあるか、これらを考えれば、自分が何者であるかが見えてくるでしょう。

 

【参考記事】
転職は計画を立ててから
自己分析の質が成否を分ける
自分の市場価値を知る
電話の苦手意識をなくすために
転職活動は退職後よりも在職中に行った方がいい理由とは?

 

 

2.求人情報の収集

 自分が何者であるか、それが客観的に見えてくると、求人情報を集める際にも役に立ってきます。気になる企業が見つかった時、そこが自分に合っているのかどうか、あるいは企業側が自分を必要としてくれているのかが何となくですがわかるようになるのです。そうした求人情報収集を心がけましょう。

 

【参考記事】
ハローワークの活用術
転職エージェント活用術
転職サイトの求人票はポイントをチェック

 

 

3.応募書類の作成

 誰かの真似をしても意味はありません。履歴書や職務経歴書の作成例はネットなどを探せばたくさん見つかりますが、それを真似ても、結局は自分が何者であるかがわかってないことを証明してしまうに過ぎず、企業へのアピールとしての有効性は低いでしょう。ここでも自分を客観的に見る力が必要となってきます。

 

【参考記事】
転職者が応募書類を送る時の注意点
転職者が履歴書で見られるポイント
転職サイトの求人票はポイントをチェック

 

4.面接の対応術

 面接に関しても、履歴書などの書類作成の時と基本は変わりません。スーツや髪型、立ち方・座り方、挨拶や言葉遣いなどは基本の形がありますが、話す内容やアピールの仕方は自分を客観的に見ることが出来ていなければ良い印象を与えることはできないのです。

 

【参考記事】
転職者がよく聞かれる質問
逆質問が最後のアピールタイム
転職者のNG集アレコレ

 

 

5.退職と入社準備はしっかりと

 退職準備と入社準備はとても忙しいものとなるでしょう。どちらかと言えば、メンタルの部分で忙しさを感じると思います。しかし、必要最低限のポイントを押さえ、流れに乗りながら行えば精神的負担も少なくて済むはず。落ち着きながら、且つ余裕を持ちながら行う意識が大切です。

 

【参考記事】
勤務先は円満退職しよう
退社の手続きも準備が必要
途中入社の注意点について
有給休暇を消化してからの退職?もちろんアリでしょう!
転職先に入社した後で注意したいこととは


トップページ 転職5つのSTEP おすすめ転職サイト