大手と中小の転職エージェントの違い


 転職エージェントを利用して転職する場合には、エージェント企業として大手企業や中小企業、業界や職種に強みや弱みがあるだけではなく、担当コンサルタントとの相性もあるため自分に合うエージェントを利用することで転職がうまくいくかどうか決まります。

 

 大手転職エージェントでは、扱う業界が多岐にわたっているため業界別に専任のコンサルタントがいるため、業界動向や採用動向といった情報を提供してもらうことができます。
また、求人数は多く非公開求人も多く扱っていますが、一般的にコンサルタントの平均年齢が若く社会人としても常識がない場合もあるため、業界情報を獲得するだけでも得るものはあります。

 

 中小の転職エージェントは、業界に特化しており3名〜20名規模の会社が多く、担当コンサルタントは経験豊富な人が多く、長年にわたり業界や企業をみてきた経験に基づいた情報を提供してもらえます。しかし、人数が少ないため扱える求人にも限りがあり、自分の経験やスキルによっては登録しておいて損はないはずです。

 

http://xn--p1u50av21d2fn.net/[転職支援型求人サイト案内]
工業関連のおすすめ求人サイト情報
おすすめ転職エージェント[人材斡旋会社人気ランキング]

 

 また転職エージェントから情報収集やセカンドオピニオンを得るだけではなく、書類選考や面接で落ちるような期待する結果が得られない場合にも、エージェントから企業の募集背景や面接官情報、面接時の回答例などのアドバイスや客観的視点をもらうことで転職におけるつまずきを発見できます。

 

 また当落ラインぎりぎり場合に選考結果が出ない場合も、エージェントからの口添えによりうまくいく場合もあります。

 

 


トップページ 転職5つのSTEP おすすめ転職サイト